捨てられた?1メートルのワニガメ

静岡県浜松市の水路で、体長1メートルにもなるカメが発見された。
捕獲した警察によると、9日午後0時半ごろ、浜松市南区中田島町の水路にカメがいると通行人から通報があったといい、警察官と地域の住民らで網を使って捕獲した。
カメの体長は約1メートル、担当者によると、カメの種類はワニガメ。ワニガメは外来種で、さらに人にも危害を与えるため自然に返すことは出来ない。大きさからみて、相当高齢なカメだという。
浜松市環境政策課の永田有さんは「でかいですねー。たぶんワニガメだと思う。(年齢は)相当年数がたっている。基本的には餌は魚、肉食性。ワニガメは要注意外来生物なので、自然に戻すのは好ましくない」と話した。
ワニガメの原産はアメリカ。ブラックバスのように生態系のバランスを崩す危険がある。本来市街地にはいるはずもないが、ペットとして扱えなくなったものが捨てられ、一部問題となっている。
なかでも今回発見されたものは、大きさが最大級で、警察はペットが逃げたか飼い主が捨てた可能性が高いとしている。
水族館などの淡水魚コーナーにいるワニガメもせいぜい50センチほどの体長である。発見者はそうとう驚いたに違いない。

カトパン、めざまし卒業で涙

4月いっぱいでフジテレビを退社し、フリーに転身する加藤綾子アナウンサーが4月1日の金曜日、入社以来7年半もの間、出演をしていた朝の情報番組「めざましテレビ」を卒業しました。
加藤アナウンサーは「7年半、朝の生活を続けてきたけど、ここまで続けられるとは思いませんでした。東日本大震災に取材に行かせてもらい、皆さん大変なのにも関わらず、”めざまし見ているよ!”と温かい声をかけてもらったこと。こんな私でも人の力になれることもあるんだなと思ってここまでやってこられました。」と涙であいさつをしました。
軽部真一アナウンサーに「アナウンサーをやめたいって相談した」という秘話も明かした。

ドラえもんがフランスでは放送禁止?

2日放送の番組「爆笑問題カーボーイ」で、フランスを中心に活動する作家・辻仁成氏が、アニメ「ドラえもん」がフランスでは放送禁止だと明かしたそうだ。
番組では、辻氏をゲストに迎えてトークを繰り広げる中、「ドラえもん」にまつわるネタハガキからこの話題になったという。爆笑問題の太田光が「フランスでも人気あったりするんですか?」と尋ねると、辻氏は「ドラえもん」がフランスで放送禁止になっていると話したという。
辻氏によると、現地の教育委員会が「あんなドラえもんみたいなヤツがいたら子供が成長しない」「子どもが困った時に何でもドラえもんに助けられて、次々に(ひみつ道具を)出されると困る」との意味から、同作の放送がNGとなっているのだという。視聴したい人は、もっぱらYouTubeを通して視聴しているのだとか。
こうした状況のため、現地では日本のアニメが大好きな若者でも「ドラえもん」の存在を知らない人が多いそうだ。
確かになんでもひみつ道具ですぐに解決してしまってはいけないかもしれないが、アニメで夢を見るくらいはいいのではないだろうか…。

オランダ、鷲で不法ドローン対策

日本でもドローンの不法飛行がたびたび問題になっているが、これは世界共通の悩みなのだそうだ。例にもれずドローンが問題になっているオランダでは、警察が猛禽類の鷲を使った対策に乗り出しているという。
この対策は、「ハイテク問題へのローテク解決法」としてオランダ企業が提案したもの。不法飛行してるドローンをさらって処理するよう、鷲をしつけたのだという。
オランダ企業の発表によると、猛禽類のもつ「速さと強さ」を生かした対策として期待できるそうだ。
毎月、航空機パイロットから多くのドローンに関する報告を受けていたオランダの航空管理当局。2015年10月に、空港から半径8キロ圏内に不法侵入したドローンの取り締まりに向けた技術を試していると発表しており、当時は、ドローンの無線信号を検知、追跡技術を使って強制的に着陸させると説明していた。
しかしその一方で、まだ研究段階で、その後の詳細なスケジュールなどは決まっていないことも公表されていた。
2016年1月には非営利組織(NPO)から、一般にむけて販売されているドローンの性能が上がっているのに、それに対する対応態勢がととのっていないという旨の報告書が提出されていた。この報告書では、ドローン対策の方法として、信号の妨害、レーザー照射、ミサイル、ロケットなどの案が出されており、一方では標的を外れてしまった場合の被害の恐れを指摘していたという。
動物か機械か、どちらで対策をとるのが好ましいのだろう。最善なのは、そもそもの不法飛行がなくなることだと思うが、ドローンは飛ばししまうと持ち主の特定が難しく、飛んでいるものを処理するしかないのだろう。法律を守ってドローンを利用してほしいものだ。

ピクサーの新作にKiroro

女性デュオ・Kiroroの代表曲「Best Friend」が、ディズニーのピクサー最新作、3月12日公開の「アーロと少年」の日本版エンドソングに決定したことが1月10日、わかりました。
「Best Friend ~Mother Earth Version~」として、15年ぶりに新録音されました。
同作は「もしも、隕石が地球に衝突せずに、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?」というストーリー。
主人公の恐竜アーロは最愛の父を失い、自身も川に流され大自然の中ひとりぼっちになってしまいますが、まだ言葉を持たない少年スポットと出会って、家族の元に帰るため、壮大な冒険に出ます。

Google、パスワードなしログイン方法をテスト

米Googleが、スマートフォンを使うことによってパスワードなしでGoogleサービスにログインする方法をテスト中であると、テストに招待されたユーザーが12月23日、redditに投稿し、Googleも米VentureBeatsに対しこれを認めた。
米国在住のエンジニア、ロヒット・ポール氏のredditへの投稿によると、PCのWebブラウザでGoogleにログインしようとし、ログイン枠にメールアドレスを入力したところ画面に「あなたの電話をログインに使おう」というメッセージと、スマートフォンの画面とプッシュ通知を開いて画面上の2桁の数字をタップするようにという指示が表示され、指示通りにしたところPCでのログインが完了したという。
スマートフォンには3つの2桁数字が表示され、PCのWebブラウザで指示した通りの数字を選んだかどうかで本人を確認しているようだ。
GoogleはVentureBeatsの問い合わせに対し、「われわれは、パスワード不要の新しいGoogleアカウントへのサインイン方法のテストに少人数のユーザーを招待した」と答えたという。Googleはこの機能をAndroid端末だけでなく、iOS端末でも使えるようにしていると説明したそうだ。
ログインパスワードに安易なテキストを利用している人が多い中、スマホ自体をログインツールにするというのは安全性強化につながりそうだ。しかし、まだまだ課題はありそうにも思われる。

暖房がない地下鉄、暖房を使わない地下鉄

冬場の電車は、暖房がついているものだろう。一方地下鉄は、外気が吹き込まず車内が暖かいことが多い。
製造初期の東京メトロ銀座線の車両には暖房機能がなかった。しかし今は出庫後の車両内が冷えてしまうからと暖房搭載の車両が大部分で、暖房なし車両は引退しつつある。
都営地下鉄大江戸線は暖房装置を搭載しているが、暖房を使っていないという。大江戸線は全線が地下深くを走行している上に、他の路線に比べ車両やトンネルが小さめだ。銀座線同様車両内が温まりやすいので暖房が必要ないのだという。
さらに札幌の市営地下鉄でも、乗客が少ない早朝深夜と、高架を走る区間を除き、暖房を使っていない期間があった。電気料金が値上げされたことによる節電が目的だった。聞き取り調査では、暖房をつかっていなくても車内の温度がちょうどいいと答えた人が79%に達したという。
閉鎖された車内が満員だったりすると、車内が暑く息苦しく感じてしまうこともある。暖冷房だけでなく除湿、送風といった機能を使い分けるのは、乗客である私たちにとってありがたいことだ。

穏やかな気持ちで子どもに接するヒント

気持ちにゆとりがなくて、ついつい子どもに「早くしなさい!」と怒ってしまったりなど、子育ての場面で自分の感情をコントロールすることの難しさを日々感じている保護者のかたは多いのではないでしょうか。
そんなあなたのために、穏やかな気持ちで子どもに接するヒントをご紹介します。
心身をよい状態に保つため、エネルギーチャージをおこなうことをお勧めします!
好きな音楽を聴いたり、ゆったりとコーヒーを入れて飲んだりなど、1日10分でもちょっと気分がスッキリすることでよいのです。
「そんな暇はない!」と思うかもしれませんが、忙しいからこそ、そんな時間を数分でも持つことが重要なんです。
気ぜわしさが減ります。そして、「子どもにどう働きかけるか」にばかりいきがちな意識を、「自分がいかに落ち着いて過ごしていくか」に向けることによって、相手との関係性も変わります。
相手とのコミュニケーションをよくするためには、まずは自分とのコミュニケーションを大切にすることが重要なのです。

ハロウィン、和菓子も商機

欧米の伝統行事「ハロウィン」向け商戦が盛り上がるなか、和菓子業界も”商機”ととらえ、関連商品の生産販売に力を入れているそうだ。
神戸市須磨区の和菓子店「明月庵本舗」は一昨年からハロウィンでおなじみの”お化けカボチャ”に似せた練り切りの販売を開始。木べらで施した目や鼻などの細工が女性や子供に人気という。佐野幸弘社長は「売り上げは上々。西洋の行事を通じて和菓子を楽しんでもらいたい」と話す。
創業138年の老舗「亀の井亀井堂本家」は2年前から名物「瓦せんべい」やまんじゅうに、キャラクターの焼き印を押した特製菓子を販売。ホームパーティー用にまとめ買いをする客もいるという。
神戸市生菓子協会の岩崎典治知事は「ここ数年でハロウィンが国内行事としてすっかり定着した。収穫祭や先祖供養といったイベントの性格が和菓子文化と重なる部分も多いのでは」と話す。
和菓子店はハロウィンなんて関係ない、とは思わずにハロウィン向けの商品を提案してくれるというのは、普段和菓子を食べない人にも興味を持ってもらえるので良いのではないだろうか。日本ならではのハロウィンのお菓子、海外の人にも受けがよさそうだ。

市川由衣・戸次重幸、結婚

9月8日に女優の市川由衣さんと電撃結婚した北海道出身の人気演劇ユニット「TEAM NACS」に所属する、俳優の戸次重幸さんが10日に所属事務所の公式サイトにあるブログを更新した。
結婚に不向きなキャラクターとされていただけに、「私もついに、この報告ができる日がやってきました。苦節41年・・・。私、戸次重幸は9月8日、女優の市川由衣さんと入籍しました」と感慨深げに報告した。
2人は昨年の春、NHKのBSプレミアムで放送されたドラマ「おわこんTV」の撮影で知り合った。二人は意気投合。
「昨年春のドラマで共演させていただいてから交友関係が始まり、その後結婚を前提とした交際に至ったそう。
1年以上の交際期間を経て、入籍をしたとこと。
また、入籍日に9月8日を選んだのは、戸次重幸さんの亡き母の誕生日にあやかってのことだという。