川上洋

川上洋の詩には美しいものが多い。

日本語の美しさを表現することをライフワークとし、全国各地の方言採集にも力を注いだ人だ。また1982年からは読売新聞紙上で「こどもの詩」の選者を務め、寄せられた詩にユーモラスであたたかな選評を加え人気を博した様だ。。主なラジオ脚本に「魚と走る時」「ジャンボ・アフリカ」「人力飛行機から蚊帳の中まで」などがある。
作曲された詩は数多い。歌の作詞経験も豊富で、NHK全国学校音楽コンクールでは4回作詞を担当した(「きみは鳥・きみは花」「家族」「海の不思議」「風になりたい」)。

伝統を継承しているのがよく分かる。

逆手にとって

都市伝説として有名だが、イメージの裏をかいた話。

某大学に、これ以上ないほどに楽な試験問題を出す講義があった。またその教授は、ここ20年まったく同じ問題を出題していた。出席も取らないために、ほとんどの生徒は授業に出ず、出席した生徒も寝るなどしていた。

そして、教授が退官する年のこと。ある学生がこう言った。「後輩たちはかわいそうだね、来年からあの教授の試験じゃないんだもんね。」「私たちはもう先輩から試験問題手に入れちゃったしね。」学生たちは、先輩たちからもらった試験用紙をもらっており、それを丸写しすればよかった。

しかし試験当日、学生たちは凍りついた。教授はその年に限って試験問題を変えており、試験を受けた全員が単位を落とした、という話。

定年のタイミングまで待って、これまで長年蓄積された常識を覆したのか。

これに似た話で、ジャンケンで誰が相手でも常にグーを出しておいて、周りにあいつはグーしか出さない、と認知させておいて、いざ大事なジャンケンの時にチョキを出す、というのは必勝法だ。

それでも難しい

スティーブンシティについて調べてみたが、結構難しい。

1730年代にピーター・スティーブンスが設立し、1758年10月に町として認証され、設立者ルイス・スティーブンスから町名が付けられた。当初はドイツのハイデルベルクからのプロテスタント移民が入植した。シェナンドー渓谷では約5マイル ほど 北にあるウィンチェスターに次いで2番目に古い町なのだそうだ。

南北戦争前の1850年代、この渓谷では初の自由黒人町となる「クロスローズ」が町の東に設立された。クロスローズは南北戦争の開始時点まで残っていたが、自由黒人は逃亡するか、再度捕まえられた。1864年、北軍のジョセフ・K・スターンズ少佐が行った意図的焼き討ちから、スティーブンズシティは救われた。町の名は何度か変えられた。始めはスティーブンズバーグ、続いてニュータウン、最後はスティーブンズシティとなったが、パントップスと名付けられる可能性もあった。州間高速道路81号線とアメリカ国道11号線が町を抜けている。

連邦倒産法

第11章手続においては、債務者その他の利害関係者から再建計画が提出され、それが承認・認可され、実行されるわけであるが、実際には、承認される計画が策定されるまでには関係当事者間の交渉が必要であり、倒産手続完了までにかかる時間と費用が肥大化することがある。これを回避するために、手続開始前に債権者等の利害関係者との事前調整を経た第11章手続が利用されることがある。

この11章こそが、連邦倒産法の肝になるといっていいだろう。

殆どの文献でも、連邦倒産法の事について触れている時に、11章が出てくることからも、それが分かる。

斬新

グーグーガンモは斬新なアニメだった。

「空を飛べども鳥でなく、人語を解せど人でなく、しかしてその実体は…!?」とまるで多羅尾伴内のようなセリフとともに、捨てられた巨大な卵から現れた、ニワトリのような風貌をもつ、スニーカーを履いたニワトリモドキの生物。佃家の母親に、長女つくね・長男半平太(あだ名:ハンペン)ときて、「ニワトリモドキ」→(おでんネタにかけて)「ガンモドキ」→「ガンモ」と名づけられ、そのままペットとして居候することに。

ガンモを中心として、男勝りな外人娘・リンダ・スカイラーク、最強で横暴だが心根は優しいガキ大将・西郷としみつ、その西郷とよく一緒につるんでいる秀才少年・藤田カシオ、半平太の憧れだが実はイジワルで身勝手なあゆみちゃん、そのペットのデジャブーなど、半平太の友人たちらがおりなすドタバタギャグ漫画。

熱帯低気圧の構造

積乱雲が中心に向かって巻き込む渦巻き状に配列した構造を持っており、発達したものは中心に目と呼ばれる雲のない領域を持つ。積乱雲の直径は300km程度から2000km程度までとさまざまである。全体が熱帯の暖かい空気からなるため、温帯低気圧と異なり前線を持っていない。
既述の通り、暖められた海面から発生する水蒸気が上空で凝結する際に放出する、潜熱をエネルギー源として発達する。

潜熱は空気を暖めるので上昇気流を促進し個々の積乱雲が成長する。

熱帯の海洋上ではこのようにして発達して積乱雲がいくつも群れをなしている。
熱帯低気圧は、これらのうちの1つの雲群が「組織化」し、雲群の中心を軸にして回転するものである。組織化するためには、第2種条件付不安定(CISK)が成立することが必要である。また、CISKの成立するきっかけとして偏東風(貿易風)の波動が関与しているとする考え方(偏東風波動説)もある。

ディーゼルエレクトリック

そのパワーは凄まじい。

ディーゼルエンジンで発電機を回して発電させ、その電力を制御して、希望する回転数で電動機を回転させ推進力を得る。 パワーエレクトロニクスが発展していなかった時代は可変速電動機としては直流電動機しか使えなかったため、ディーゼルエンジンで直流発電機(整流子発電機・ダイナモ)を回す、一種のワード・レオナード方式が一般的であった。

しかしパワーエレクトロニクスの進化に伴い、同期発電機で三相交流を発生させサイリスタで電圧を制御して直流電動機を回す静止レオナード方式を経て、現在では直流電動機に代えて、メンテナンスが容易な誘導電動機や永久磁石同期電動機を使用する可変電圧可変周波数制御が速度制御方式の主流になっている。

富山の方言は

これ、聞いたら全然意味が分からないものばかり。凄い。

あいそんない (富山の方言)わびしい。 じーちゃんがいかれて、ほんまにあいそんないねー(おじいさんが逝かれて、本当にわびしいねえ)あしめる (富山の方言)当てにする。 なんをあしめにしとるがけ(何を期待しているのか)あじこと (富山の方言)心配。 何の便りもせんもんで、あじことしとったわ(何の便りもしないものだから、心配していたよ)あまみ (富山の方言)火に当たって、皮膚にできる斑点。 あまみができてしもた(火だこが出来てしまった)あわ (富山の方言)表層雪崩。 あわがいった(表層雪崩が起こった)あんま (富山の方言)長男。 おら、あんまながやぜ(俺は長男なのだよ)

ソロスとブッシュ

ソロスは、個人的に長年に渡って民主党びいきであったが、それでも2004年のアメリカ大統領選挙まではアメリカの政治の原因を作り出すような大きな寄付者ではなかった。2003年11月11日、「ワシントン・ポスト」のインタビューで、ソロスはオフィスからジョージ・W・ブッシュを取り除くことは”私の人生の中央にある焦点”であり”生と死の問題”と言った。彼は自分のすべての財産を犠牲にしてブッシュを破ると冗談で言った。そして、カリフォルニアのCommonwealth Clubで2004年3月3日の終わり、ソロスがQ&Aの集まりでこの声明のユーモアの本質をはっきりさせた後でさえ、多くがブッシュについて声明を出し続けた。

ソロスは300万ドルをCenter for American Progressに与え、500万ドルをMoveOn.orgに委託して、一方で彼と彼の友人Peter LewisはそれぞれAmerica Coming Togetherに1000万ドルを与えた(すべてが2004年のアメリカ大統領選挙で民主党の支援のために活動していたグループであった)。2004年9月28日、彼はそのキャンペーンにもっと資金を捧げた。

パロディ事件

パロディ事件、と呼ばれるこんな裁判ネタがかつてあった様だ。

1970年1月、マッド・アマノが自身のフォトモンタージュをまとめた作品集『SOS』を出版。その一部が『週刊現代』1967年6月4日号に「マッド・アマノの奇妙な世界」として発表された。

その中の1枚が白川義員撮影のアルプスを滑降するスキーヤーの写真をもとにしたものであることがわかり、著作権侵害であると抗議し、『週刊現代』の発行元である講談社が写真の使用料50万円を支払うことになった。

その後1970年9月、白川義員はマッド・アマノにこの作品自体が著作者人格権侵害だとして、再び損害賠償ならびに慰謝料50万円と朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の社会面に二段抜きで謝罪広告を掲載するように内容証明付きの手紙を出した。そして1971年9月、白川義員が同じ内容で東京地裁に訴状を提出した。