5歳児がピューマに襲われる

アメリカのコロラド州で17日、自宅の庭で遊んでいた5歳児がピューマに襲われて負傷したそうです。
ピトキン郡保安官事務所によると、現場はコロラド州アスペンの北西16キロに位置する農村部。
少年が自宅の庭で兄と一緒に遊んでいたところ、家の中にいた母親が悲鳴を耳にしました。
母親が屋外に駆け出すと、ピューマが息子にのしかかっていた。
母親はどうにか息子をピューマから引き離すことができたとのことです。
少年は顔、頭、首を負傷し、母親は手と脚に軽傷を負いました。
少年は父親によって病院に担ぎ込まれたそうです。
郡保安官代理と米森林局の職員が現場に到着すると、ピューマはまだ庭にいて、森林局の職員がピューマを殺したとのことです。