カトパン、めざまし卒業で涙

4月いっぱいでフジテレビを退社し、フリーに転身する加藤綾子アナウンサーが4月1日の金曜日、入社以来7年半もの間、出演をしていた朝の情報番組「めざましテレビ」を卒業しました。
加藤アナウンサーは「7年半、朝の生活を続けてきたけど、ここまで続けられるとは思いませんでした。東日本大震災に取材に行かせてもらい、皆さん大変なのにも関わらず、”めざまし見ているよ!”と温かい声をかけてもらったこと。こんな私でも人の力になれることもあるんだなと思ってここまでやってこられました。」と涙であいさつをしました。
軽部真一アナウンサーに「アナウンサーをやめたいって相談した」という秘話も明かした。