税金泥棒

ソチ五輪も開幕し、競技に挑む日本人選手にエールが送られる中、結果を残せなかった選手への厳しい意見も目立つようになってきました。

多くは選手の「国費」に着目したもので、「メダルを取れない選手は税金泥棒」といった批判まで出ています。

 

いやいや、どんだけ浅ましいんですか。普通の感覚だったらそんなこと思わないでしょう。

確かに前評判や予想どおりの結果にならないのが五輪なわけですが、選手に国費が使われている以上「好成績を残すべき」「負けたら『楽しかった』とコメントすべきではない」と主張する人たちも少なからずいます。

少し前にも明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏が「オリンピックで負けた時のコメントは難しい。思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない」とした上で、「日本は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出づくりのために選手を出しているわけではありません」などとツイッター上で発言し、大きな波紋を呼びましたよね。まぁ結構叩かれてましたけど…。

 

日本って、他の国と比べて選手の強化費用が圧倒的に安いんだそうです。他のアメリカや中国などは100億円以上かけて選手の育成に取り組んでいるそうなのですが、日本はなんと25億円。その中で「お金はないけど頑張って。でも負けるな」なんてちょっと酷じゃありませんか?

スポーツなわけですし、結果がすべてではない点もあると思うんです。

それに、メダルを逃した選手が日本のテレビに映って第一声が「メダルを獲れなくて申し訳ありませんでした。税金を無駄にしてすみませんでした」なんて言ってほしいですか?自分は言ってほしくないです。

勝ったら褒め称えて、負けたら励ますのが普通なんじゃないですか?国の名前を背負って頑張ったんですから。

 

なんかこういう話題嫌になりますよね。

頑張って頑張って、でも負けて悔しい思いをしている選手にお金のこと文句付けるなんて心狭すぎです。浅ましい。

そんなことより働かない政治家に同じこと言ってやった方が何倍もいいですよ。