連邦倒産法

第11章手続においては、債務者その他の利害関係者から再建計画が提出され、それが承認・認可され、実行されるわけであるが、実際には、承認される計画が策定されるまでには関係当事者間の交渉が必要であり、倒産手続完了までにかかる時間と費用が肥大化することがある。これを回避するために、手続開始前に債権者等の利害関係者との事前調整を経た第11章手続が利用されることがある。

この11章こそが、連邦倒産法の肝になるといっていいだろう。

殆どの文献でも、連邦倒産法の事について触れている時に、11章が出てくることからも、それが分かる。