穏やかな気持ちで子どもに接するヒント

気持ちにゆとりがなくて、ついつい子どもに「早くしなさい!」と怒ってしまったりなど、子育ての場面で自分の感情をコントロールすることの難しさを日々感じている保護者のかたは多いのではないでしょうか。
そんなあなたのために、穏やかな気持ちで子どもに接するヒントをご紹介します。
心身をよい状態に保つため、エネルギーチャージをおこなうことをお勧めします!
好きな音楽を聴いたり、ゆったりとコーヒーを入れて飲んだりなど、1日10分でもちょっと気分がスッキリすることでよいのです。
「そんな暇はない!」と思うかもしれませんが、忙しいからこそ、そんな時間を数分でも持つことが重要なんです。
気ぜわしさが減ります。そして、「子どもにどう働きかけるか」にばかりいきがちな意識を、「自分がいかに落ち着いて過ごしていくか」に向けることによって、相手との関係性も変わります。
相手とのコミュニケーションをよくするためには、まずは自分とのコミュニケーションを大切にすることが重要なのです。