芸能人をAI化?

オルツと電通は19日、人工知能による「芸能人のデジタル人格クローン生成」の共同プロジェクトを立ち上げたことを発表した。第一弾としてアイドルの篠崎愛を人工知能に再現するそうだ。
オルツは個人のライフログデータなどを分析し、人格をクラウド上に再構築するパーソナル人工知能「al+(オルツ)」を開発しているそうだ。利用者が普段利用しているSNSやアプリケーションと連携し、自動的に利用者の思考を学習。利用者の人格のコピーを仮想的に生成するというものだ。今回初めて、オルツの技術をエンターテインメント分野に活用するという。
コミュニケーションエンターテインメントコンテンツとして提供するもので、利用者は人工知能の芸能人と仮想的な会話などが楽しめるそうだ。人工知能エンジンには三段階のレベルが実装されており、各人工知能エンジンの連携でより柔軟で人間らしい思考を実現しているとのこと。
個人の人工知能を作ることで、亡くなった人と仮想的な会話ができるという場合は需要がありそうだが、実在する芸能人の人工知能の場合どうなのだろうか?そうまでしてファンは会話したいのだろうか…?