体内で溶けるクリップ

神戸大学が13日、手術時に止血などで用い、術後は体内で溶けるクリップを開発したと発表した。経過観察がしやすくなるといい、開発は国内初とのこと。マウスなどで安全性も確認しており、2~3年後の実用化を目指すそうだ。

クリップは5ミリ前後の大きさで、多ければ一度の手術で30~40個使用する。従来のチタン製は体内に残り続け、通常害はないものの臓器に入り込むと別の病気を起こす可能性があるそうだ。またコンピューター断層撮影の際にクリップ周辺の組織が鮮明には映らない。同大学のチームは体内の水で溶けやすく、安全性が高いマグネシウムに着目。カルシウムや亜鉛を混ぜることで締め付け能力の高いクリップの開発に成功したとのこと。マウスの実験では3か月以内に半分に縮小、1年以内にはすべてなくなると見られている。実用化できるようになればより安全になり、安心して手術を受けることができるだろう。